陽だまり訪問看護ステーション

がんの親を持つお子さんの心のケアも。地域のサバイバーシップを支援

石田 由紀子さん 
株式会社FiveTrees 陽だまり訪問看護ステーション

がんサロン、医療者向け緩和ケア研修の実施、理学療法士(がん専門運動指導士)によるがん リハビリテーション、チャイルドサポート(CLIMBファシリテーター在籍) 
訪問対応は主に西東京市内ですが、がんサロン等はエリアを限定せず開催 

「地域でつながる」第1回目は地域のサバイバーシップをトータルで支援する、陽だまり訪問看護ステーションです。管理者の石田さんにお話を伺いました。

ー緩和ケア認定看護師や理学療法士(がん専門運動指導士)をはじめ、多くのスタッフが地域におけるがんサバイ バーシップ支援に力を入れている「陽だまり訪問看護ステーション」。訪問看護ステーション、というと在宅療養の方が支援の対象というイメージがありますが、陽だまりではどのようなサバイバー シップ支援の活動をされているのでしょうか。 

石田:地域には仕事や子育てをしながら、がんの治療を受けているサバイバーさん達も沢山います。陽だまりでは訪問看護の対象にとどまらず、がんと診断された方やそのご家族がコミュニ ティから孤立せず、地域で安心して、そして自分らしく過ごせるような支援をできればと思っています。看護師や理学療法士だけでなく、今後はケアマネや管理栄養士などによるミニレクチャーの 開催や、がんと診断された親をもつお子さんのケアも行う予定です。 

ーお子さんを含めた家族支援は、子育て中にがんと診断されたママやパパにはとても心強いですね。具体的にはどのような活動をされるのでしょうか。 

石田:がんと診断されたパパやママを持つお子さんのサポートにCLIMBプログラムというものがあります。CLIMBはアメリカで広く用いられているプログラムで、おもに小学生を対象に行います。お子さんが自分の気持ちに向き合い、周りの人に気持ちを伝える方法を身につけて対処する方法を学ぶことができます。  お子さんとの関わりについては、パパやママが悩まれることも多いです。パパやママの気持ちや、 次世代を担う子ども達の心を少しでも支えることができればと思っています。

ー「がんリハビリテーション」って聞きなれない言葉ですが、治療後、なんとなく運動から離れてしまっ ている人にもアドバイスなどいただけるのでしょうか。 

石田:もちろんです。がんサバイバーさんにとっての運動の有効性は様々な研究結果等で明らか になっています。身体機能の改善に加え、倦怠感や不安などの苦痛をともなう症状を軽減し、生活の質(QOL)を向上する効果が期待できるとされています。 

「どんな運動がいいのかな?」「やり方(方法)は合っているのかな?」などの不安(疑問)に対し一 人一人に合った運動方法やペース(頻度)をリハビリ専門職と一緒に考え練習し行っていただきたいです。

ー「地域でつながる」みなさんへメッセージをお願いします。 

がんと診断された方やそのご家族の身体と気持ちが少しでも和らげる場になればと願っています。是非お気軽にご相談いただけたら嬉しいです。 

お問い合わせ

株式会社Five Trees 陽だまり訪問看護ステーション
住所:東京都西東京市南町4-13-17
電話:042-460-7055
メール:hidamari-houkan-kanri@tanashl-hidamari.com 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です